サイト紹介

サイト「ナルドの香油」は、JEC一宮チャペルの牧師 安黒務の妻 仁美によるメッセージ日誌である。

「福音主義神学を学べる環境を広範囲に開拓し、継続的提供すること」を理念とする一宮基督教研究所の主宰 安黒務の聖日メッセージをベースとしている。

 

当サイトは、主宰が30年以上研究することにより得た膨大なデータの中から、神の啓示により光照らされ、折りなされるメッセージ。

 

それを傍らで聞き、養われ、証すべく記した妻によるメッセージ日誌。

 

この夫婦の共同作業により、『神学生だけでなく、「もっと聖書を知りたい」という多くの方々の知的および霊的欲求を満たすもの』を提供したいと願っている。

サイト名の由来

「すると、香油のかおりが家にいっぱいになった」

ヨハネ12:3

 

ウォッチマン・ニー著『キリスト者の標準』の最終章「福音の目的」に、「神は私たちを、まず第一に説教したり、あるいは神への奉仕をしたりするために、この地上に置いておられるのではありません。神がこの地上に私たちを置かれる第一の目的は、人々の心の中に神に対する渇きを起させるということです」とある。

 

私の愛する夫、安黒務のメッセージから受け取ったエッセンス日誌が、人々の心の中に神への渇きを起す、そのために用いられるよう祈ります。

プロフィール

メッセージ日誌 著者

安黒 仁美(あぐろ ひとみ)

三男一女の母

一宮基督教研究所 主宰 安黒務の妻

 

ホームページ管理人

檜垣 碧(ひがき みどり)

著者の娘

 

一男一女の母