NEW TOPICS

10/31NEW MESSAGEにローマ⑤(3:27-31)を追加しました。NEW!!

10/12NEW MESSAGEにローマ③(3:9-20)を追加しました。

10/5 PAST MESSAGEにヨブ記⑦(7:1-22)が追加されました。

9/30NEW MESSAGEにエペソ④(2:11-22)を追加しました。

9/21 PAST MESSAGE黙示録④(4:1-11)が追加されました。

9/16 PAST MESSAGEにヨブ記⑥(6:1-30)が追加されました。

9/5 NEW MESSAGEにエペソ③(2:1-10)を追加しました。

8/14 PAST MESSAGEに黙示録③(3:1-22)が追加されました。 

ひとこと掲示板

ICIサマーキャンプ③を読み思い出した。

主の土台を据えずして、信仰の戦いを走りぬくことは不可能である。と。

 

私は、社会人の時にクリスチャンであるが故に迫害を受けていた。

私の上司は、ミッション系の学校で育ったが、真の信仰はなく、クリスチャンを心底嫌っていた。

 

私は、職場で物が無くなったり、仕事内容を伝達をされなかったりと、数多くの苦い経験をした。

そのために随時報告書を作成し、最後には昇進なし、賞与なしの通告も受けた。

 

私はその時に主に祈り示されたことは驚くべきことだった。

「汝の敵を祝福し、愛しなさい。」という言葉だった。

 

初めは、愛する価値など見出せない相手に対し、葛藤した。

しかし、私はこの土台に立つことなく、勝利を建て上げられることなどないと思わされた。

 

私は祈った。「祝福します。主よ、祝福します。」

 

最初は頭がおかしくなったのではないかと、自分を疑った。

 

しかし、次第に、事態は動いていった。

まず、上司の命令に背く者たちが現れた。

彼女らは、上司の数々の横暴を社長に報告した。

そして最後には、上司は社長に呼び出され、事の全てが明るみに出た。

 

「檜垣に対し、このようなことを二度と行うな。信教は自由だ。」

 

この一言で事態は収束した。

 

私はこの問題に対し、祈る事しかできない状態だった。

しかし、主は憐みにより戦ってくださり、勝利してくださった。

 

「もしあなたを憎む者が飢えているなら、パンを食べさせ、渇いているなら、水を飲ませよ。

あなたはこうして彼の頭に燃える炭火を積むことになり、主があなたに報いてくださる。」箴言25:21-22

 

主の計画は、最初から最後まで、読み解くことなどできない。

わたしにできることは、みことばの上に立ち、「主なさる業を見届ける」という特権に預かる。その選択をすることである。

 

「ナルドの香油」サイト管理人 檜垣 碧

Since July 3, 2016